川越に"ゲストハウスちゃぶだい"つくります

女将・エビスダニが、小江戸川越でゲストハウス開業に挑戦中のあれこれを書いています。一級建築士の田中さんと、ゲストハウスオーナー目指して活動中のにっしー西村さんと3人で頑張っているところ。

葛藤中のこと

どうも。

まだ30代半ばなのに、最近膝の痛みを感じ始めているエビスダニです。

早くもグルコサミンのお世話になってしまうのでしょうか。

その前にドモホルンリンクルのお世話になったほうがいいかも知れませんが。

 

さて、カフェの営業は始まったものの、宿泊の方は遅れをとってしまい今も準備の真っ最中。

やっと設備はだいたい整い(あ、極寒のシャワールーム用にヒーターを余らせている方がいましたら是非ご一報を!石油以外で)今日は予約問い合わせへの返信メールの文面を考えていました。

基本的なハウスルールはにっしーと相談しながら決めていってるのですが、今とても悩んでいるのが、お子様の宿泊についてなのです。

 

希望だけをいうなら、受け入れたい。

こんな、家みたいな宿に家族で泊まれたらいい思い出になると思う。

畳に布団で寝ることを新鮮に感じる現代の子供もいることでしょう。

 

しかし、ちゃぶだいは古い建物なので、音が響きます。

他のお客様の迷惑にならないだろうか・・・。

シャワーのみで湯舟はないし、建物内にはたくさんの段差がある。

階段も急だし、もし怪我をされても責任はとれません。

 

受け入れない決断をするのは簡単です。

子供が安全で快適に過ごすのには適さない建物なので、お子様の宿泊をお断りする理由はいくらでもあります。

 

だけど、受け入れたい。

どうしたら、子供がいる人もいない人も泊まれる宿にできるだろう。

 

建物内に危険な個所があることや、風呂の問題は事前にお知らせし、了承して頂いた上でのご利用であれば解決しそうだ。

 

一番の問題はやっぱり、子供は泣いたり暴れたりすること。

それは元気な証拠だから良いことだけど、「宿=寝る場所」という性質上、他のお客様が不快に感じる可能性は大いにある。

保護者の方に、消灯後の話し声や物音にご配慮くださいとお願いしても、ダメなときはダメだろう。

だって、子供が騒ぐのは仕方ないことだ。

けれどそれは、ドミトリーで同室の人の中に、すごいいびきの人がいて大変だったな、というのと同じようなことなのではないのか。

すごいいびきの人の宿泊を断ることはできない。

仕方ないことだから。

すごいいびきの人が許せるなら、子供の声も許せるのでは。

 

全ての大人が昔は子供で、色んな人に迷惑をかけながら大人になったのだ。

 

私も最近子持ちになったが、もともと特に子供好きな人間ではない。

嫌いではないけれど、子供と遊ぶのは得意ではないし、大人だけで酒を飲みながらおしゃべりするのが好きだった。

だから、ゲストハウスにも子供がいないほうが快適に感じることはよくわかる。

 

子供お断りの宿があること自体は良いと思っている。

上質な空間を維持するため、もしくはみんなが安心して過ごすために制限を設けるのは、その宿のブランディング戦略だったり、仕方のないことだったりするから。

 

だけど気がついたのは、赤ちゃんがいると、自分が楽しいと思える遊びができない。

当たり前かもしれないけど、夜遊びはできないし、子育てサロンみたいな場所は子供にとってはいいけれど、私はたいして面白くない(個人の感想です)。

映画なんて無理だし、新しい服を買ったところで赤ちゃんの吐き戻したミルクで汚れるのは明確だから買いもしない。

泊まりたい宿にも、泊まれない・・・。

産みたくて産んだのだから、自分のための娯楽を求めるのは贅沢なの?

自分の産んだ子のことはとても愛おしく思っているけれど、子供のこと以外の楽しみを求めるのは贅沢?

遊べなくなる覚悟持って産めよって意見もあると思うし、やっぱ我慢しなきゃねって納得してしまえそうな自分も、少し、ある。

 

葛藤、です。

 

子供がいるけれど、ちゃぶだいに泊まりたいと思う人を受け入れたい。

けれど、それを不快に思う人がいるかも知れない。

 

とりあえず、いまのところ出した答えは、受け入れる、です。

 

お子様連れのお客様には、もろもろの了承を頂くことと、音に関してできる限りのご配慮をお願いすること。

そして、お子様連れではないお客様にも、消灯まではお子様がラウンジで遊んでいたりする可能性があることを理解して頂きたいと思っています。

また、お子様に危険な行動があったり、明らかに迷惑な行為があったりした場合、私たちはお子様へ直接注意することがあるということを、宿泊前にお伝えすることにしました。

どちらの立場からもご理解を頂きたいのです。

これが成り立つかはやってみないとわかりません。

 

この課題については皆様それぞれの色々なご意見があると思います。

もし機会があれば、ご意見聞かせてください。

 

色々な立場の人が泊まれる宿にしたいです。

それって八方美人?

ブスを美人と呼ばせる手段のひとつではある。

よろしくお願い致します。

f:id:chabudaikawagoe:20181126221743j:plain

ちゃぶだい百貨店


f:id:chabudaikawagoe:20181204130032j:image

ちゃぶだいにご縁がある方々とともにお贈りする
ちゃぶだい百貨店。

手にとっていただきたい素敵なもの
味わっていただきたい美味しいもの
お知らせしたい豊かな方々

日時
 12/8(土)
 11:00-16:30
◆フード
 ・マサズファクトリー(コーヒー)
    
https://cafe.masa-factory.jp
 ・com uni (あん肝カレー・ルーロー飯)
 ・ちゃぶだい (サンドイッチ・焼菓子・アルコール)
◆クラフト
 ・negoto  (真鍮アクセサリー) 
    https://www.negoto-zzz.com/
 ・9stories (ハンドメイドアクセサリー)
https://instagram.com/gurinco212?utm_source=ig_profile_share&igshid=v32sqs2rwyuq
 ・Optical M(手づくりオーダー眼鏡)
  https://instagram.com/ooptical.m/
◆ワークショップ
 フレグランスWS アロマクリーム作りとフレグランス作り
 自分オリジナル。そしてちゃぶだいオリジナルをつくろう!!
 ・yes  http://fragrance-yes.com/
各回10名 
1回目 13:00- アロマクリームづくり
2回目 15:30- フレグランスづくり
※料金3500円

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ちゃぶだい百貨店

ちゃぶだいオリジナルのルームフレグランスとか作りたいねーという雑談から発生した今回のイベント。

ゆうきちゃんが、フレグランスショップを営む知り合いの山野辺さんに声をかけて、初めての打ち合わせでお会いしたとき、すごく素敵な香りをまとってちゃぶだいへいらしてくれました。

一瞬にして幸せな気持ちになりました。

きっと、ここへ来るまでの電車の中や、すれ違った瞬間に、色んな人が癒されていることでしょう。

今回のワークショップでは、自分で好きな香りを選んで、フレグランススプレーとクリームを作ることができます。

赤ちゃんにも使える優しい素材で。

詳細はコチラ↓

https://www.facebook.com/events/748573795510378/?ti=cl

ワークショップへの参加表明は、このページのコメントでも受け付けていますし、Facebookやってないよーという方はメールでも大丈夫です。

info@chabudai-kawagoe.com

 

こだわりの出店者を呼んでオープンする一日限りの商店というコンセプトから、ちゃぶだい百貨店と名づけました。

 

これから、毎月か、隔月か、定期的に開店したいと考えています。

 

ワークショップの他にも、アクセサリーや、フードや、アーユルベーダマッサージなど、素敵な出会いがたくさんあるはずです!

ちょっと早めのクリスマスプレゼント探しでも◎

 

12/8、ちゃぶだいでお会いしましょう!

カフェの営業が始まりました

11/4、無事にお披露目会を終えたちゃぶだい。

f:id:chabudaikawagoe:20181126221014j:image

お披露目したのはいいが、営業できる準備が整っていない!!というわけで、またしばらくクローズ状態。

お祝いの花にささった「祝開店」の札と目が合うと、「な、なんかすんません」と頭を下げる日々が何日か続きました。

 

そしてやっと、17日に初めてのカフェ営業!

それから、20、21日と営業を始めました。


f:id:chabudaikawagoe:20181126221848j:image

17日は土曜日だったので、お酒を飲むお客様も多く、ゆったりとした休日な雰囲気。

平日は若いお客様がけっこういらして、ちゃぶだいもインスタ映えスポットっぽいかんじに☆

今月はあと27、28、29日に営業し、12/3からは毎週水曜休みでいよいよ本番という感じです。

f:id:chabudaikawagoe:20181126221743j:image

 

今のメニューは、サンドイッチ3種、ポタージュスープ、各種お酒、チャイや柚子スカッシュなど。

f:id:chabudaikawagoe:20181126222535j:image

おいしいです!

12月からはまた変化するのかな~。私も楽しみにしています♪

 

そして、サンドイッチのパンをお願いしているのが、川越ではファンも多いboulanger lunettesさん。

しかも、ちゃぶだいのために「ちゃぶだいロール」を作って頂きました!

カフェ担当のゆうきちゃんがリュネットさんと交渉を重ねて実現しました。

色んなお店の色んなパンをゆうきちゃんが仕入れ、みんなで試食して、味、形、固さ、ボリューム、価格と検討中、

何でも美味しいと感じる私の舌は役立たずで、ただただ色んなパンを試食するのを楽しんでいただけ、

田中さんはとにかくハード系のパンはあごが疲れるから嫌だと(田中さんはおじいちゃんではない)、

にっしーは階段で足を滑らせ指負傷、iPhone再起不能(試食とは関係ないけど)、

と、けっこうじっくりと時間をかけて検討した結果、ちゃぶだいロールに決定!

リュネットさんのパンから作り出されるちゃぶだいサンドイッチ、是非食べに来てくださいな♪

f:id:chabudaikawagoe:20181126221050j:image

 

そして、にっしーが担当しているコーヒーはブラックリバーコーヒー

知っていますか??

川越の黒川医院で焙煎されているブラックリバーコーヒー。

これは、、気になりませんか?

コーヒーだけでもお気軽にどうぞ(=^ェ^=)

f:id:chabudaikawagoe:20181126222558j:image

報告いろいろ

すっかりご無沙汰しています。

産後3か月が経ったのに、妊婦が履く巨大なパンツの安心感から離れられずにいるエビスダニです。

産前に使用していた薄っぺらいパンツはこのままタンスの肥やしとなっていくのでしょうか。。(遠い目)

 

さて、ブログをご無沙汰しすぎて・・・。

もはや何から書けばいいのかわからず、後回しにする日々が続きました。

 

色んなコトがありました。

 

まず!

報告すべきは、10月20、21日に開催された川越まつり

ちゃぶだいとしては一番最初の大仕事となりました。

ちゃぶだいの建物は、空き家の間も、川越まつりの日にはこの建物が建つ三久保町の人々が集い、神様をお迎えする「会所」として2年に一度(三久保町は隔年で山車を出すため)まちに開かれていました。

そんな重要な役目を、私たちが借りたからといって途絶えさせる訳にはいきません。

当然今年も会所として使って頂こうとは思っていたものの、準備はギリギリ。

使って頂けるだけの状態にもっていくために、色んな人が手伝いに来て下さり、とりあえず使う部屋だけは間に合わせることができました。

 

当日は紅白幕が張られ、提灯が飾られ、入り口の脇には神様が下りて来られる庭ができあがり、すっかり祭り化粧を施されたちゃぶだいは老舗旅館のような佇まい。

f:id:chabudaikawagoe:20181116232814j:image

 

仲良くして頂いているお向かいのおじいちゃんと、いよいよですねぇ、と話しながら、昔の話も少し聞かせてもらいました。

もともと三久保町に山車はなく、今の山車は石田という地区のものなのだそうです。

今でも山車に乗るお囃子の方々は石田の皆さん。

山車を曳きたい三久保町の皆さんと、石田地区だけで曳きまわすのではなく、川越まつりに出たいという石田の皆さんの想いが一致して今の形になっているのだそう。

山車も石田さんにお借りしていて、お囃子も来てもらっているのだから、石田さんにはきちんとお金も払って、おもてなしをしなければいけないんだよと教えてくれました。

 

8人ドミトリーとなる部屋の前の縁側でくつろぐ石田のお囃子の青年が気持ちよさそうにしているのを見て、嬉しくなりました。

 

そして私たちもお祭りに参加する側となり、山車を曳くことができました!

f:id:chabudaikawagoe:20181116233055j:image

 

ちゃぶだいが会所だったお陰で、町内の皆さんと一気に打ち解けることができたと感じています。

川越まつりの力は、すごい。

この日はまちじゅうが一丸となる。

大きな祭りがあるまちは、人と人の繋がりが強い理由がよくわかりました。

伝統行事がなぜ大切なのか。

改めて、祭りの存在の大きさを実感しました。

 

まちキャンパーティー

そしてその次の週末は、ちゃぶだいメンバーが出会ったまちづくりキャンプの3回目のオープニングパーティーがありました。

ちゃぶだいで。

この週も、いろいろ間に合わせる為にあたふたな一週間。

この日は、カフェ担当ゆうきちゃんの料理がほぼ初めてちゃぶだいでお目見えした日。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235450j:plain

料理はどれも好評で、ちゃぶだいを囲む皆さんの姿に、これが見たかった風景だと感じた日になりました。

また、オープンAの馬場さんに少しでもかっこいいちゃぶだいを見てもらおうと朝から必死な田中さんからは、好きな人に少しでもかわいい自分を見せる為に努力する女子と似た種類の熱を感じた日でもありました。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235528j:plain

 

お披露目会

そしてまたその次の週末はついにちゃぶだいお披露目会!

今回こそは完璧に仕上げなければ!と、またしてもバタバタな一週間。

当日は開場前から来る人もあり、トータルでは250人くらいの来場がありました。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235809j:plain

 

なんか、目まぐるしく、圧倒された一日で、、あんまり記憶がない。

夢だった?

この日は、ちゃぶだいのカフェで提供するサンドイッチはこんな感じですよーというサンドや、ドリンクの販売もあり、ちゃぶだいの兄貴分、すずのやの豪さんもお手伝いに来てくれました!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235631j:plain

 

ちゃぶだい自慢の庭には、三輪自転車でコーヒーを販売する福島出身の体育会系好青年2人組の coffee post が来てくれて、行列が!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235656j:plain

 

にっしーの元同僚からはなんと川越が誇る酒蔵の鏡山が樽で!樽!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235732j:plain

産まれて初めて、お正月の終わりにお餅を食べるほうじゃない鏡開きをさせて頂きました。

なんでどっちも「鏡開き」なんだろね?

今までお世話になった色んな人が来て下さったり、お祝いのお花もどんどん届き、カウンター周りはお祝いのお酒であふれ、、、

夜にはお馴染みさんや、ワークショップをきっかけに仲良くなった皆さん、ご近所の皆さん、以前トークイベントにお呼びした日神山さんも来て下さり、ゆうきちゃんの料理を食べながらなんだかみんな楽しそうで、、ちゃぶだい、できて良かったねぇ。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235906j:plain

 

改めて、無事にお披露目会を開催することができたのは、今まで色んなことで助けてくれた色んな方々のおかげです。

本当に、ありがとうございました。

この素敵な場所を、長く続けていくことができるよう、頑張ります!

 

今後について

まず、カフェが明日から!オープンです!あ!明日じゃなくて今日になってる!

11月の営業日は、17,20,21,27,28,29日、11時~15時です。

バーも、ゆるゆるとスタートします。

宿泊は、認可の関係で12月半ば頃からになりそうです。

まずはお茶でもしにふらっといらしてみて下さい^^

 

やっと!!「ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar」スタートです。

どうぞよろしくお願い致します!

ギリギリだけど!!

告知です!!

11/4、ちゃぶたいお披露目会を開催します!

じかん  13時半~17時

ばしょ  川越市三久保町1-14

ご自由に内覧して頂けます◎

客室も、シャワールームも、お見せします!

お披露目会に向けて、準備が、、まだまだある!!

果たして無事にお披露目することができるのでしょうか。

 

それにしても、書きたいこと、書かなきゃいけないことがありすぎるのにブログに手が回らない日々です。

特に、川越まつりで会所として最初のお仕事を果たせたこと、じっくりちゃんと書きたい。

赤ん坊が産まれて、私の一日は半分になってしまったかのようです。

 

とりあえず、ゲストハウスちゃぶたい、すげーかっこよくなってるから見に来てくださーい\(^o^)/


f:id:chabudaikawagoe:20181102222302j:image

ちゃぶだいカフェ

ご無沙汰しています。

あっっっという間に出産から1ヶ月半が過ぎました。

最近の我が子は耳の後ろあたりから犬のような異臭を放ち、おむつを開けるたびに放水、抱き上げれば「そんなの関係ねぇ」の動きで連続キックという暴挙に出ています。

そしていまだに妊娠前+5キロの体重、ぶよぶよのお腹は果たして元に戻るのか・・・。

せめて元に戻りたい。一度はやってみたかったへそ出しは諦めるからせめて元に・・・。

 

ちゃぶだいのカフェ

ご近所では、ゲストハウスよりも注目度が高いのがちゃぶだいのカフェです。

そのカフェ作りを担当してくれている仲間を紹介します。

f:id:chabudaikawagoe:20180928170543j:plain

植村遊希さん。「ゆうきちゃん」と呼ばせてもらっています。

 

ちゃぶだいメンバーとの出会いは、ちゃぶだいイベント第三卓に来てくれたとき。

 

ゆうきちゃんは西武新宿線入曽駅近くの狭山ハウスでカフェ「コムユニ」を営んでいましたが、今はケータリングやイベント出店などで活動しています。

自らハイエースを転がしあっちへこっちへ活動的、とてもパワフルでかっこいい女性です。

そして最近のニュースとしては、D&DEPARTMENT SAITAMAが選出する「埼玉県全63市町村のキーマン」の展示で狭山市のキーマンとして選出されています!すっげ。

 

ちゃぶだいカフェのプロデュースをお願いすることになってから感じることは、ゆうきちゃんにとって「料理」を提供することは「ごちそうさま、おいしかったです」で終わることではなく、目的はもっと先にあるというか、もっと広く広く考えているというか、、私の言葉ではとても語れない人。

最近の本人のつぶやきを紹介すると、

料理作ってるけど、ただ食べさせるだけじゃないんだよな。
なんつーか、空間ごと食べてもらいたいというか、時間ごと味わって欲しいというか、食べることを媒介に分かり合いたいというか、料理を作ることは私にとってメディアであって活動の核になることではないんだよなー

おもしろい人です。

一つの食材を選ぶのもいくつも比較を重ねて妥協しない姿勢は、けっこう妥協しがちな私にはマネできない。

最近ではちゃぶだいワークショップ名物、みんなで食べるランチもゆうきちゃんが提供してくれることも。

f:id:chabudaikawagoe:20180928171103j:plain

こんなランチが出るワークショップ、最高だよなぁ。

 

ちゃぶだいカフェは、飽きないカフェになります。

季節のメニューが出たり、普段はサンドイッチメインの予定だけど突然カレーが出たり、スイーツも色々。

そして、絶対おいしい。

夜は、サンドイッチの余った具材をおつまみにバーの営業も。

宿泊しない人も、わざわざ来る価値のある場所になります。

このまちに住む人にとっては、ちょっとだけ暮らしが豊かになる場所になります。

こうご期待!

 

ちゃぶだいを作る人たち

ちゃぶだいオープンに向けて技術を提供してくれている人がいます。

左官職人の服部さん。

タイルを提供してくれたたまちゃん。

庭を作ってくれている峯岸さん。

消防や役所とのやりとり、庭にある小屋の改修を担当してくれる水谷さん。

屋根の修理は山中さん。

お菓子担当はあいりちゃん。

ロゴを作ってくれたともちゃん。

・・・関わってくれる色々な人のことを、これから少しづつ紹介していきたいと思います。

そしてこんなにたくさんの人が来てくれて、幸せです。

これからもよろしくお願い致します。

 

家族が増えました。

出産をしていました。


f:id:chabudaikawagoe:20180825131037j:image

 

結局、陣痛が来たその日の昼まで現場でサンダーがけをしたりしていて、8月に入ったら少し現場から離れようと思っていたけれど、やっぱり気になって足を運んでしまうのでした。

f:id:chabudaikawagoe:20180820144828j:plain

この日、11日の夜に陣痛がきました。

 

いやぁ、世の母全員尊敬するわ。

分娩時間的には私は安産だと言われたけれど、未だかつてない痛みでしたよ。

この世に楽なお産なんてなくて、みんなそれぞれ色んなところで苦しんで、死ぬ思いして産んでる。

その辛さは比べられるものではなくて、体はボロボロで、一回のトイレに悲鳴をあげながら30分かかるような状態でも乳を与え始める母たちはみんな尊敬に値する。

赤ちゃんも頑張って頑張って新しい世界に飛び出してくる。

ようこそ。元気でよかった。

いい経験しました。

という訳で、エビスダニはしばらく今度こそ現場から離れています。

 

 

振り返ると

まだ田中さんとにっしーに会う前、私はゲストハウスをやりたかったけれど、こんな形でやることは想像していませんでした。

個人事業主で、自分にできる範囲のDIYで、細々とでも生きていける収入があればいいってくらいのレベルで考えていました。

3人で始めることになった時も、会社を作るとか、本格リノベとか、話がでかくなりすぎと思ったし、にっしーの話はインテリっぽくてよくわかんない横文字とか出てくるし、田中さんは中目黒に会社もってるなんてバリバリイケイケな人と自分が一緒に仕事なんてできるのかって不安がたくさんありました。

だけど今となっては、一人ではできなかったと素直に思います。

消防やら保健所やらとのやりとり、簡易宿所を取るために必要な改修の段取り、HPどうするか、予約サイトは使うのか、収支はあうのか・・・。

もし一人でやっていたら、この妊娠が発覚したときにゲストハウスは諦めていたでしょう。

今は、にっしーのインテリにも慣れてきたし、田中さんはそんなにバリバリ感を出さない人だったし、3人でいるのもなんだか楽しい時間になっています。

そして、妊娠を伝えたときに「どうにかなるよ」って言ってくれたことに感謝しています。(あれ、にっしーは「マジか」って言ってたっけ笑?)

 

3人でやることになったから出会えた人がたくさんいて、どんどん関わってくれる人が増えていって、今、色んな人がちゃぶだいを気にかけてくれている。

忍田さんがちゃぶだいに来てくれたことで床貼りワークショップも実現して、普段の作業も自分にできることで大工さんと一緒に仕事ができました。

お手伝いに来る人、ワークショップに来る人、ゲストハウスに興味がある人や、古い建物を守りたいという人、色んな人が色んな想いをもってここを訪れてくれて、たぶん少しは何かを得て帰っていってくれて、みなさんの心に沸いたこの場所への愛着の余韻が建物の中に残っていくような感覚があります。

その様子を現場で感じられないのはやっぱり寂しいです。

来てくれる人と直接お会いできないのはやっぱり・・・寂しいです。

ちゃぶだいが、私の知らないところで勝手に育っていってるような。

でもきっと子供も、私の知らないところで勝手に育つのでしょうね。

とはいえ、今無理すると更年期に響くという噂がまことしやかにささやかれているので、しばらくおとなしくしていようっと。

 

ちなみに、次回のワークショップは9/1、左官です!

イベントページはコチラ

絶対楽しいと思います!

 

どんどんできあがっていくゲストハウスちゃぶだいを私も楽しみにしています。

しばらくは育児日記以外の記事が書けないと思うので・・・(;^_^ ブログもちょっと滞る気がします。

ちゃぶだいのこと、忘れないでくださいね~。