川越に"ゲストハウスちゃぶだい"つくります

女将・エビスダニが、小江戸川越でゲストハウス開業に挑戦中のあれこれを書いています。一級建築士の田中さんと、ゲストハウスオーナー目指して活動中のにっしー西村さんと3人で頑張っているところ。

報告いろいろ

すっかりご無沙汰しています。

産後3か月が経ったのに、妊婦が履く巨大なパンツの安心感から離れられずにいるエビスダニです。

産前に使用していた薄っぺらいパンツはこのままタンスの肥やしとなっていくのでしょうか。。(遠い目)

 

さて、ブログをご無沙汰しすぎて・・・。

もはや何から書けばいいのかわからず、後回しにする日々が続きました。

 

色んなコトがありました。

 

まず!

報告すべきは、10月20、21日に開催された川越まつり

ちゃぶだいとしては一番最初の大仕事となりました。

ちゃぶだいの建物は、空き家の間も、川越まつりの日にはこの建物が建つ三久保町の人々が集い、神様をお迎えする「会所」として2年に一度(三久保町は隔年で山車を出すため)まちに開かれていました。

そんな重要な役目を、私たちが借りたからといって途絶えさせる訳にはいきません。

当然今年も会所として使って頂こうとは思っていたものの、準備はギリギリ。

使って頂けるだけの状態にもっていくために、色んな人が手伝いに来て下さり、とりあえず使う部屋だけは間に合わせることができました。

 

当日は紅白幕が張られ、提灯が飾られ、入り口の脇には神様が下りて来られる庭ができあがり、すっかり祭り化粧を施されたちゃぶだいは老舗旅館のような佇まい。

f:id:chabudaikawagoe:20181116232814j:image

 

仲良くして頂いているお向かいのおじいちゃんと、いよいよですねぇ、と話しながら、昔の話も少し聞かせてもらいました。

もともと三久保町に山車はなく、今の山車は石田という地区のものなのだそうです。

今でも山車に乗るお囃子の方々は石田の皆さん。

山車を曳きたい三久保町の皆さんと、石田地区だけで曳きまわすのではなく、川越まつりに出たいという石田の皆さんの想いが一致して今の形になっているのだそう。

山車も石田さんにお借りしていて、お囃子も来てもらっているのだから、石田さんにはきちんとお金も払って、おもてなしをしなければいけないんだよと教えてくれました。

 

8人ドミトリーとなる部屋の前の縁側でくつろぐ石田のお囃子の青年が気持ちよさそうにしているのを見て、嬉しくなりました。

 

そして私たちもお祭りに参加する側となり、山車を曳くことができました!

f:id:chabudaikawagoe:20181116233055j:image

 

ちゃぶだいが会所だったお陰で、町内の皆さんと一気に打ち解けることができたと感じています。

川越まつりの力は、すごい。

この日はまちじゅうが一丸となる。

大きな祭りがあるまちは、人と人の繋がりが強い理由がよくわかりました。

伝統行事がなぜ大切なのか。

改めて、祭りの存在の大きさを実感しました。

 

まちキャンパーティー

そしてその次の週末は、ちゃぶだいメンバーが出会ったまちづくりキャンプの3回目のオープニングパーティーがありました。

ちゃぶだいで。

この週も、いろいろ間に合わせる為にあたふたな一週間。

この日は、カフェ担当ゆうきちゃんの料理がほぼ初めてちゃぶだいでお目見えした日。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235450j:plain

料理はどれも好評で、ちゃぶだいを囲む皆さんの姿に、これが見たかった風景だと感じた日になりました。

また、オープンAの馬場さんに少しでもかっこいいちゃぶだいを見てもらおうと朝から必死な田中さんからは、好きな人に少しでもかわいい自分を見せる為に努力する女子と似た種類の熱を感じた日でもありました。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235528j:plain

 

お披露目会

そしてまたその次の週末はついにちゃぶだいお披露目会!

今回こそは完璧に仕上げなければ!と、またしてもバタバタな一週間。

当日は開場前から来る人もあり、トータルでは250人くらいの来場がありました。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235809j:plain

 

なんか、目まぐるしく、圧倒された一日で、、あんまり記憶がない。

夢だった?

この日は、ちゃぶだいのカフェで提供するサンドイッチはこんな感じですよーというサンドや、ドリンクの販売もあり、ちゃぶだいの兄貴分、すずのやの豪さんもお手伝いに来てくれました!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235631j:plain

 

ちゃぶだい自慢の庭には、三輪自転車でコーヒーを販売する福島出身の体育会系好青年2人組の coffee post が来てくれて、行列が!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235656j:plain

 

にっしーの元同僚からはなんと川越が誇る酒蔵の鏡山が樽で!樽!

f:id:chabudaikawagoe:20181116235732j:plain

産まれて初めて、お正月の終わりにお餅を食べるほうじゃない鏡開きをさせて頂きました。

なんでどっちも「鏡開き」なんだろね?

今までお世話になった色んな人が来て下さったり、お祝いのお花もどんどん届き、カウンター周りはお祝いのお酒であふれ、、、

夜にはお馴染みさんや、ワークショップをきっかけに仲良くなった皆さん、ご近所の皆さん、以前トークイベントにお呼びした日神山さんも来て下さり、ゆうきちゃんの料理を食べながらなんだかみんな楽しそうで、、ちゃぶだい、できて良かったねぇ。

f:id:chabudaikawagoe:20181116235906j:plain

 

改めて、無事にお披露目会を開催することができたのは、今まで色んなことで助けてくれた色んな方々のおかげです。

本当に、ありがとうございました。

この素敵な場所を、長く続けていくことができるよう、頑張ります!

 

今後について

まず、カフェが明日から!オープンです!あ!明日じゃなくて今日になってる!

11月の営業日は、17,20,21,27,28,29日、11時~15時です。

バーも、ゆるゆるとスタートします。

宿泊は、認可の関係で12月半ば頃からになりそうです。

まずはお茶でもしにふらっといらしてみて下さい^^

 

やっと!!「ちゃぶだい Guesthouse,Cafe&Bar」スタートです。

どうぞよろしくお願い致します!