川越に"ゲストハウスちゃぶだい"つくります

女将・エビスダニが、小江戸川越でゲストハウス開業に挑戦中のあれこれを書いています。一級建築士の田中さんと、ゲストハウスオーナー目指して活動中のにっしー西村さんと3人で頑張っているところ。

私が福井に行ったワケ

福井に行ってきました。
駅前にも恐竜がいるんですねぇ!

f:id:chabudaikawagoe:20180421131408j:image

 

今回の目的は、ゲストハウスSAMMIE'Sのおかみさんの咲子さんに会いに行くことです。
SAMMIE'Sは、ちゃぶだい計画が始まってからずっと色んな人から勧められて行きたかったゲストハウス。
でも、福井って近くて遠いっていう感じしません?ねぇ、首都圏にお住まいの皆様?
なんだかんだでようやく、念願叶いの福井旅です。

 

さて、咲子さんは福井駅から徒歩5分の場所にある古民家を購入し、DIYでゲストハウスへと整備してオープンさせています。

f:id:chabudaikawagoe:20180421131529j:image
暗い・・・f(^^; なぜ夜撮ったんだ。
いまだ未完成の部分もあったりですが、館内は手作りの暖かさがあふれていてとても愛らしい。

f:id:chabudaikawagoe:20180421131717j:image
情報もたくさん。
なんだか幸せな気持ちになってくるのはきっと、内装デザイン云々よりも(もちろん内装も素敵なのだけれど)咲子さんがこの建物に愛を込めて試行錯誤した跡がみえるからかも知れない。

f:id:chabudaikawagoe:20180421131507j:image

 

嬉しいことに到着した日、咲子さんともうすぐ一歳になる娘さんのちぃちゃんとランチをご一緒できることに(=^ェ^=)!
ゲストハウスをオープンさせてまもない頃に現れた現在のご主人との馴初め話も聞いたり♡

 

そして今回私が一番聞きたかったことは、お子さんを抱えてどうやってゲストハウスを切り盛りしているのかということ。
なぜって?
実は、、、エビスダニ、こどもができました。
はい!わかってます皆さんの言いたいこと!
「このタイミングで!?」「おかみ業どーすんの!?」
まさに私が思ったことです。
青少年たちよ、明るい家族計画に油断は禁物だゾ!
さぁどーしよー!ですよ。
こどもがいる生活なんて全然わからないんですもん。
最初は、赤子を背負って掃除機だってかけられるし、おっぱいあげながらチェックインだってやってやるって思ったけど、実際どこまでできるかわからないし「やっぱりできませんでした」っていうのは迷惑極まりないことでしょう。
もうこれは、やってる人に聞いた方が早い!ということで福井にやって来た訳です。

 

咲子さんは、かなちゃんというスタッフ一人と、ヘルパーさんに手伝ってもらっているそう。かなちゃんがまた、咲子さんのかゆいところに手が届くというような、とってもいい関係なんですよね。
私にもかなちゃんが必要だわ(笑)。

何も予定通りに進まない、睡眠も満足に取れない中で、スキマ時間をうまく使うことや、生活のなかでの工夫、パートナーの協力、周りとの関わりかたから出産・育児のこと、ゆっくりお話を聞くことができました。
また、私の状況や気持ちも聞いてもらうことができました。

 

とても印象的だったのが、出発する日の朝、一緒に泊まっていた日本人男性、イタリア人女性、アメリカ人女性と私と咲子さんとかなちゃん、みんなでちぃちゃんを囲んで、笑って、そこは幸せな空気でいっぱいだったこと。
言葉が通じるかなんて問題じゃなかった。
それを見て、とても前向きな気持ちになることができました。
もちろん毎日ご機嫌じゃないだろうし、私のこどもがめちゃくちゃ人見知りとか、めちゃくちゃ暴れん坊な可能性だってあるけれど。

 

咲子さんが「赤ちゃん楽しみ」って言ってくれたこともとても嬉しかった。
やっぱりどこかで素直に喜びたいのにうしろめたいような気持ちもあったんだと思う。まぁ今までに色々なことがあり普通に再婚して家族をつくるなんて、とても自分に許されることではない気がしていました。

だから素直に喜ぶことが難しかったけれど(このタイミングのこともあり)それはお腹にいるこには関係のないこと。

今は、このお腹の中で一生懸命生きている命が愛おしく、これからの人生を楽しみに思っています。

 

SAMMIE'Sを去る朝、見えなくなるまで手を振ってもらった後、前を向いた私はびっくりするほど涙でいっぱいでした。
自分で思っていたよりも私は不安だったみたい。

本当に行ってよかった。

わざわざ時間を割いてくださった咲子さんへ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

結果として何かが解決した訳ではなくただ、大変そうだけどなんとかなりそうだというイメージができるようになった。それで充分。

 

というわけで、オープン直後エビスダニはいないかも知れません。
でももしかしたら今はまだお腹にいる男の子と一緒にいるかもしれません。
私の100%でちゃぶだいをやりたかったけれど、100%ではできなくなってしまいました。

なかなか行き届かない部分も出てきてしまうかもしれません。
だけど、どうにかこうにか試行錯誤しながら、私らしく、ゲストハウスちゃぶだいをこどもを育てるように愛を込めて育てていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

 

物件公開の日も近い!?

来月は、いままで秘密にしていた物件のこと、そしてお掃除のお手伝い募集などの動きも出てくると思います!

お見逃しなく~!