読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川越に"ゲストハウスちゃぶだい"つくります

女将・エビスダニが、小江戸川越でゲストハウス開業に挑戦中のあれこれを書いています。一級建築士の田中さんと、ゲストハウスオーナー目指して活動中のにっしー西村さんと3人で頑張っているところ。

自己紹介が遅れました。

そもそも、お前は誰だ⁉

ってことですよね。

最初の記事に書きましたが、えびすだに、という名字なので、
えび、えびちゃん、えびぞう、などと呼ばれています。
33歳の女で、川越市に住んでいます。

旅に目覚めたのは
写真の専門学校生だった頃、初めての海外と、初めての一人旅を経験したことがきっかけです。

場所はパリ。
ええ、ジェンヌのパリです。

頭では、テレビなどの情報でパリの街並みのイメージはありましたが、
実際に訪れ、自分の目で見た初めての海外に私の心は予想以上に動かされました。

遠く離れた場所で、自分とは違う言語、違う文化、違う風景の中で生活している人が本当にいるんだ。

当たり前のことだけど、ちゃんと理解したのはこの時だと思います。

日光街道を辿り、会津まで

初めての一人旅は、会津でした。

街道を撮るという課題で、私は当時の自宅から近いという理由だけで日光街道を選びました。

日光までは原付で日帰りを決行しましたが、
講師から、会津まで行ってこい!と。

青春18切符でトコトコ会津まで。
サザエ堂やら、武家屋敷やら、大内宿やらをパシャパシャ撮影し、
もう場所も忘れてしまったけど会津か、喜多方あたりのユースホステルに泊まりました。

初めてのドミトリー体験で、私以外には一人女性がいました。
たしか、宿でお蕎麦やさんか何かをしていて、
食事はそこでとり、お風呂は近くの銭湯を紹介してもらいました。

そう思うと、まちをホテルと見立てる「まちやど」みたいな形は昔からあったんですね。

たぶん、この二つの旅行をきっかけに旅にハマることになったんだと思います。

世界一周

専門学校を卒業して、バイト掛け持ちして、
第48回のピースボートに乗船しました。

105日で、19ヵ国を巡りました。

一人ではなかなか訪ねるのが難しい国(イースター島など)を訪れることができたし、

船内では次の寄港地に関する勉強会があったり、
運動会みたいなイベントがあったり、
毎日飽きずに過ごしました。

同室だった3人とは今でも友達で、お互いの結婚式にも参加したり、

船で働くクルーは多国籍にわたりましたが、コミュニケーションがとれるようになり、
一緒にお酒を飲んだりして、
国籍も、人種も、宗教も違う人たちのことを、
大切な友達だって思えることに感動しました。

そして、海外を旅する自信がつきました。

ワーホリ一回目

24歳の時にニュージーランドへ。

オークランドで語学学校に通い、
韓国人とフラットメイト生活をし、
日本食レストランでバイト、
花屋でボランティア生活を4ヶ月。

その後1ドルから乗れる長距離バスでニュージーランド各地を旅して回りました。

もちろん宿泊はバックパッカーズホステル。

それぞれに個性があるし、
知らない人に声をかけるのが普通な場所。
出会ったばかりで一緒にご飯を食べたり、
ゲームをしたり、散歩したりできる場所。

自分とは全く違うバックグラウンドを持つ人たちと自然に出会えて交流できる、
そういう場所の魅力にどんどんハマっていきました。

お金を稼ぎにブレナムという街でしばらくフルーツピッキングをしました。

その時は8人部屋のドミトリーの全員が違う国籍だったけど、
家族のように、一緒に生活をして、
25歳の誕生日は、みんながそれぞれの国の料理を作って祝ってくれました。

この時仲良くなった日本人とフランス人と3人で、
オーストラリアの旅も共にしました。

f:id:chabudaikawagoe:20161204205354j:plain

ニュージーランド、大好きです。
(写真はオージー)

その後は

長くなるので、出来事だけを綴ります。
細かいことはタイミングをみて小出しに(笑)。

オーストラリアで1ヶ月過ごして帰国。

西新井の花屋と、
町屋のホルモン焼き屋を掛け持ちして資金を作り、
二度目のワーホリでカナダへ。

バンクーバーで半年くらい、
海産物を加工する工場で働きつつ、
バンクーバーを満喫。

シアトルからアメリカに入り、グレイハウンドでアメリカ横断。

ここにきて、ニューヨークで初めて、
おもてなしする側を経験しました。

ニューヨークの日本人宿、ムーンパレスで管理人を一ヶ月やらせて頂きました。

とっても楽しくて、
ゲストの滞在を素敵なものにする手助けができることが嬉しくて、
自分でやれたらもっと楽しいはず!
と、開業したい気持ちが本当に強くなったのはここからだと思います。

その後カナダへ戻り、カナダも横断して帰国。

帰国してからは、
カメラマンやったり、
発掘調査やったり、
四国88ヶ所歩いたり、
家具作りを勉強したり、
ミャンマー行ったり、
国内ちょこちょこ旅したりして、
現在は額縁屋で働き始めて4年目になります。

あと、
結婚したり、
離婚したりもしました(;^_^


そんなこんなで、今に至ります。

次は、ゲストハウスちゃぶだいを作るために
いま頑張っていることを書いていきたいと思います。

では、また^^